No Code, No Life

データサイエンティストを目指すしがないエンジニアのブログ

Day 36 少しでもいいからやる

本日の学習プランと結果

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 現職の引き継ぎに専念
Web Engineering Boot Camp 現職の引き継ぎに専念

Github

github
9/26 草

一言

お仕事をしている中で, どうしてもやりたくないこと, あると思う.

けど, お仕事だから, やりたくなくてもやらねばならない.

  • ちょっとしたタスクでも, 「お仕事をいただいた」と思う
  • 少しでいいから, やり始める

がコツだと思う.

自分は, 仕事はお客様のために行うものだという意識が途中で希薄になってしまって,

独りよがりな成果を出しがちだった.

だから, たまには原点回帰.

自分を叩き直すための課題

向き合ったら○をつける。

課題克服メニュー クリア 理由
0. 恐怖心の克服 -
1. どんな小さな約束でも守る X
2. 優先順位を適切に設定する X まだ詰めが甘い
3. 考えすぎずに手を動かす -
4. 振り返る O このブログ
5. 継続する O このブログ
6. 気づき・考えたこと・思ったことをまとめる O このブログ
7. 没頭する X
8. 嘘をつかない・見栄を張らない O これがありのままの自分だ

明日の約束

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 現職の引き継ぎに専念
Web Engineering Boot Camp 現職の引き継ぎに専念

Day 35 結婚式・同窓会にはたまにでいいから行こう

本日の学習プランと結果

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 263 X
Web Engineering Boot Camp 277 X

Github

github
9/25 草

一言

旧友の結婚式(披露宴)に参加した.

会えるとは思わなかった旧友に何人も会うことができ, 非常にいい会だった.

旧友に久々に会えば, やはり思い出話に花が咲く.

色々話していると, なかなか会えていない, 遠く離れた土地にいる友人でも,

意外に自分のことを気にかけてくれているのだな, と気づく.

現に, 自分もそう.

XXくんが音信不通になった, と聞くと, 非常に不安になるし, 声をかけたくなる.

もし, 見知らぬ土地で一人で頑張っている人がいるとすれば, 伝えたい.

意外にも, あなたのことを気にかけて, 応援してくれている友はいるのものだ, と.

自分を叩き直すための課題

向き合ったら○をつける。

課題克服メニュー クリア 理由
0. 恐怖心の克服 -
1. どんな小さな約束でも守る X
2. 優先順位を適切に設定する X まだ詰めが甘い
3. 考えすぎずに手を動かす -
4. 振り返る O このブログ
5. 継続する O このブログ
6. 気づき・考えたこと・思ったことをまとめる O このブログ
7. 没頭する X
8. 嘘をつかない・見栄を張らない O これがありのままの自分だ

明日の約束

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 現職の引き継ぎに専念
Web Engineering Boot Camp 現職の引き継ぎに専念

Day 34

本日の学習プランと結果

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 263 X
Web Engineering Boot Camp 277 X

Github

github
9/24 草

一言

自分を叩き直すための課題

向き合ったら○をつける。

課題克服メニュー クリア 理由
0. 恐怖心の克服 -
1. どんな小さな約束でも守る X
2. 優先順位を適切に設定する X まだ詰めが甘い
3. 考えすぎずに手を動かす O
4. 振り返る O このブログ
5. 継続する O このブログ
6. 気づき・考えたこと・思ったことをまとめる O このブログ
7. 没頭する X
8. 嘘をつかない・見栄を張らない O これがありのままの自分だ

明日の約束

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 現職の引き継ぎに専念
Web Engineering Boot Camp 現職の引き継ぎに専念

Day 33 辞める勇気がなかっただけ

本日の学習プランと結果

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 263 X
Web Engineering Boot Camp 277 X

Github

github
9/23 草

一言

「辞めるなんてもったいないね…. けど, かくいう自分は,『辞める勇気がなかった』からここにいるだけかもしれないな…」

中堅の先輩からいただいた言葉である.

確かに, ここで辞めるのは(キャリアの上では)もったいないとも思う.

けど, やりたいことに蓋をして, ひたすら漫然と日々を過ごすのも, もったいないと思う.

自分が大切にしたいのは, 絵に書いたような, 誰かが決めた「キャリア」ではなく,

自分がやりたいと思ったことをやって, ちょっとしたことから幸福感を得られるような「自分の人生」そのものだ.

  • そんな甘い考えじゃ世の中渡っていけない
  • そんなんじゃ社会では通用しない

きっと, おじさま方はそう曰うだろう.

だが, 私は「おじさまが決めた人生」「教科書に載っている完璧な人生」を歩みたいわけじゃない. 自分は, 自分の決めた人生を歩みたい.

だから, 安定と高収入を手放した. その代わり, 自由な時間を手にした.

周りがどう言おうと, そう腹をくくれた自分を, 自分は誇りに思う.

自分を叩き直すための課題

向き合ったら○をつける。

課題克服メニュー クリア 理由
0. 恐怖心の克服 O 辛い. ただひたすらに辛い.
1. どんな小さな約束でも守る O
2. 優先順位を適切に設定する X まだ詰めが甘い
3. 考えすぎずに手を動かす O
4. 振り返る O このブログ
5. 継続する O このブログ
6. 気づき・考えたこと・思ったことをまとめる O このブログ
7. 没頭する X
8. 嘘をつかない・見栄を張らない O これがありのままの自分だ

明日の約束

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 現職の引き継ぎに専念
Web Engineering Boot Camp 現職の引き継ぎに専念

Day 32 広い世界

本日の学習プランと結果

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 263 X
Web Engineering Boot Camp 277 X

Github

github
9/22 草

見切りをつける

「Z世代はザコ」

という衝撃的な一言を上の方からいただいた.

冗談だとしても, 冗談ではすまされないレベルの発言ではなかろうか.

「自分のやり方だけが, 自分の世代達だけが正しい」

という, 非常に狭くて貧相な見方でしか人間を見れないことにひどく憐憫の情を抱いてしまった.

  • 同じ会社に何十年もいたせいで, 面白みのかけらもない可愛そうな中年になってしまったんだなあ….

  • 同じ世界であぐらをかいて,裸の王様になってしまったヒトの末路がまさにこれか…

中年の方が全員そうとは言っていない. 尊敬すべき, 素晴らしい方もたくさんいる.

ただ, 私の巡り合った上長はそうではなかった. まさに裸の王様だった.

そういう, 偏狭な視野しか持てなくなって, いったい誰のための, なんのための人生なんだろう.

あまりに可愛そうだ.

上長は「自分こそが正しい」と思っていらっしゃるので, ずっとそのような偏狭な世界でせいぜいあぐらをかいて

生きていればよろしい. ただ, 自分はそんな可愛そうな生き方は選ばない.

世界は, 自分が想像する以上の何億倍と広い.

生きている間に, その世界をまさに満喫してみせる.

自分を叩き直すための課題

向き合ったら○をつける。

課題克服メニュー クリア 理由
0. 恐怖心の克服 X 辛い. ただひたすらに辛い.
1. どんな小さな約束でも守る X
2. 優先順位を適切に設定する X まだ詰めが甘い
3. 考えすぎずに手を動かす O
4. 振り返る O このブログ
5. 継続する O このブログ
6. 気づき・考えたこと・思ったことをまとめる O このブログ
7. 没頭する X
8. 嘘をつかない・見栄を張らない O これがありのままの自分だ

明日の約束

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 現職の引き継ぎに専念
Web Engineering Boot Camp 現職の引き継ぎに専念

Day 31 自分にあった環境・生き方

本日の学習プランと結果

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 263 X
Web Engineering Boot Camp 277 X

Github

github
9/22 草

ペンギンはどれほど背伸びをしても空を飛べない

「どうして空を飛べないんだ」「お前には羽があるじゃないか」

と言って, ペンギンに空を飛ぶよう詰める人はいるでしょうか.

いませんね. だって, ペンギンの羽は, 海をすいすい泳ぐためのものであって, 空を飛ぶためのものじゃないから.

もし, 「空を飛べないか」と詰められ, (少し歩けば海があるにも関わらず) 心を病んでいるペンギンがいるとしたら

どう思うでしょうか.

「いやいや空を飛ぶことなんて物理的に無理なのだから, 心病む必要なんて全くないでしょう」

と普通は思うはずです.

人間は, 同じヒトという動物で, 空を飛べる・飛べない, のような大きな個体差はありません.

ただ, 性格や気質はまるで違う.

空が飛べないにも関わらず, 「空を飛べ」と言われるようなことが普通に起きてしまっている.

そして残念ながら, それが原因で心身を壊してしまう方もいる.

環境は自分で変えれば良い

残念ながらペンギンは, 南極の地で群れの中で生きていく以上, 大きく環境を変えることはできません.

一方で, ヒトは, 自由に環境を選ぶことができます. 日本は恵まれているから, なおさらそう.

だから, 空は飛べないと自分で分かっていて, けど「飛べ」と強要される環境にいるのであれば, その環境を変えてしまえば良い.

無理に飛ぶ必要はない. 心身を壊してしまうから.

"海"を見つけて, 怖がらず, 顧みずにダイブしよう.

きっと, 「飛べ」と強要していた奴らより, 人一倍速く泳ぐことができるから.

自分を叩き直すための課題

向き合ったら○をつける。

課題克服メニュー クリア 理由
0. 恐怖心の克服 X 辛い. ただひたすらに辛い.
1. どんな小さな約束でも守る X
2. 優先順位を適切に設定する X まだ詰めが甘い
3. 考えすぎずに手を動かす O
4. 振り返る O このブログ
5. 継続する O このブログ
6. 気づき・考えたこと・思ったことをまとめる O このブログ
7. 没頭する X
8. 嘘をつかない・見栄を張らない O これがありのままの自分だ

明日の約束

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 現職の引き継ぎに専念
Web Engineering Boot Camp 現職の引き継ぎに専念

Day 31 執拗に詰められ, 自己否定に苦しむ真面目で優しいあなたへ

本日の学習プランと結果

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 263 X
Web Engineering Boot Camp 277 X

Github

github
9/20 草

執拗に詰められ, 自己否定に苦しむ真面目で優しいあなたへ

執拗に詰められるあなたへ

必要以上に否定されて自信をすっかりなくしてしまったあなたへ

仕事とは関係のない, 性格・気質や家庭事情のことまで否定されて辛くなったあなたへ

自分も, そのようにひたすら仕事には関係のないことまで詰められて自殺することまで考えてしまった一人です.

メンタルが復帰しつつある今, そのように追い込まれている真面目で優しいあなたに伝えたい.

「あなたはもう十分に頑張っている. 決して, あなたという人間が悪いわけじゃない. 悪いのは, 執拗に人格・私生活まで詰めてくる相手である」ということを.

執拗に責め立てられ, 詰められているとき, 真面目なあなたはその言葉を100%ストレートに受け取って,

「じぶんはなんてダメなやつなんだろう」って考えると思う.

そんなことはない, って否定されたとしても, やはり本能的にそう考えてしまうと思う.

だって,あなたは優しくて,みんなに慕われて,とても真面目ないい人だから.

けどね. その自己否定がいきすぎてしまうと, その否定の"暗示"が自分の心身を知らず知らずのうちにどんどん蝕み,

再起不能なレベルにまで叩き潰してしまうことがある.

自分もそうなった一人だからわかる.

だから, もし自己否定が続く・自分を否定してくる職場/学校に行くのが怖くて仕方がない, そう考えてしまうならば,

まずはその負のエネルギーを思いっきり日記に綴りなさい. 溜め込むのは本当によくないよ.

そして仕事とは無関係なことで詰めてくるやつが悪いに決まっているのだから, その「嫌悪」も一緒に

思いっきり日記に綴りなさい. パソコンのメモ帳に書くのもok. ただし外部流出しないようにローカルに保存するのがいい.

自分は, 上司への嫌悪・悪口を思いっきりパソコンのメモ帳にしたためた.

(そして, パワハラでいつでも訴えられるように, "訴訟用♡上司様による暴言セレクション♡.txt"というファイル名で, その記録をすべて録った. 今でも日々更新している.)

そうしたら, なぜか, さっきまで自分に向いていた「否定の矛先」が, みるみるうちに上司に向いていき, 一気に気持ちが楽になった.

そして, 冷静に上司から言われた数々の暴言・パワハラ発言を見返したとき,

  • 「こんなやつのために自分を貶めるなんてなんて馬鹿なんだろう」
  • 「こんなクズ上司に加担して, 自分まで自分を否定する必要なんて全くないやん」
    • 自分まで上司の肩をもって自己否定する = 自分は上司の味方をしているという究極の自己矛盾.

ということに, 不思議と気付く.

そして, どんどん, 「あいつの手におえないくらい, 全く詰め言葉を聞かずに自信満々に楽しく生きてやろう」「次はこんなことをしてみたい」「あいつよりも数百倍この人生を楽しく生きて, 見返してやる」という, 生に対する活力・執着心が湧いてくる.

さっきまで「死にたい」と思っていたにもかかわらず, だ.

生きているだけで

誰しも, その人の人格・人生を否定する権利はない. 生きているだけで, 素晴らしい.

仕事とは無関係なことで, その人のすべてを否定する人は, 小学校の道徳の授業を完全に忘れ, 心はガキのまま, 身体だけがご立派に大人になってしまわれた憐れな"(一人間としての)負け犬"なのだ.

(ということを本人に面と向かって言ってしまうと, 自分自身もその「負け犬」と同じレベルになってしまう. よって, 妄想で抑えること)

だから, どうしても相手から執拗に詰められ, 自己否定に苦しんでしまうような真面目でいい人がいるとするのであれば,

まずは「詰めてくる相手への嫌悪」を思いっきり書きなぐることをオススメしたい.

あなたは, そうやって真面目にいろいろなことを考えることのできる, 素晴らしい人なのだから.

サラリーマンが行使できる究極の権利

それは「退職届」だ.

退職届を拒否することは法律上できない. これは労働者に付与された正当な「権利」だ. 犯罪でもなんでもない.

人格否定してくる上司がそもそも終わっているが,

それを放っている会社もそもそもおかしい. そういうやつを管理職として置いてしまう組織に問題がある.

そんな会社には, 自分の心身を壊してまでいる必要はまったくない.

即刻やめて, 自分の人生を取り戻した方がいい.

あなたを受け入れてくれる, あなたの実力を100%発揮できる居場所は, 必ずどこかにある.

自分を叩き直すための課題

向き合ったら○をつける。

課題克服メニュー クリア 理由
0. 恐怖心の克服 - 今日はあまり恐怖心を抱かなかった
1. どんな小さな約束でも守る X
2. 優先順位を適切に設定する X まだ詰めが甘い
3. 考えすぎずに手を動かす O
4. 振り返る O このブログ
5. 継続する O このブログ
6. 気づき・考えたこと・思ったことをまとめる O このブログ
7. 没頭する O
8. 嘘をつかない・見栄を張らない O これがありのままの自分だ

明日の約束

内容 分量 結果
Data Scientist Boot Camp 263
Web Engineering Boot Camp 277